【子供ワキガ】体験談

 

こんにちは、こんばんは、かしら。

 

お子さんのワキガやニオイの関係でお悩みでしょうか?

 

どのようにして行けば良いのか、、、そんなお気持ちでしょうか?

 

何か良い対策はないか、そんなことで悩んでいらっしゃいますか?

 

娘と息子と歩んだワキガ対策をお話しします

 

もうアラフィフになる母親です(*_*)
いつの間にか歳も重ねてしまいましたねえ。

 

その間、私も子供たちのワキガ、体臭の悩みと共に過ごしてきました。

 

今の子供たちはとってもデリケートなところがあって、小さな悩みが将来の大きな壁になってしまうこともあります。

 

ですから、親として、どんな小さなことも見逃さずに、精いっぱい愛情をもって一緒に歩いてあげる

 

それが一番大切なことだったと振り返っています。

 

幸いにも、娘も息子も自分の夢を叶えて希望の仕事に就くことができました。

 

でも、一歩間違えば、「イジメや不登校」といった経験を乗り越えてのことなんですよ!

 

娘は中学時代にワキガは発覚、とっても活発に部活動していたのに、あわや不登校になる寸前に。
就職を考えたときに、最終的な判断をしました。

 

息子は高校生からワキガが発覚、でも本人がいろいろチャレンジする性格だったのでチャレンジしながら今日を迎えました。
結婚を考えて、最終的な判断をしているようです。

 

そんな私の私小説に過ぎないような経験ですが、何かの誰かのお役に立てばと思ってこのサイトを作ってみました。

 

 

娘との体験談

 

>> 娘との体験談はこちら

 

息子との体験談

 

>> 息子との体験談はこちら

 

 

 

誰かの、何かの参考になれば!
という気持ちです。


【子供ワキガ】いくつから、何歳から?

 

こちらから気づいてあげられれば
ベストですね。


 

体の成長との関係もあり、多くが中学校に入ったころから気づくようです。

 

ワキガの原因は「アポクリン腺」という汗腺から出る汗です。

 

ですから、体の成長とともに気づく機会も増えます。

 

特に、汗腺が発達する第二次成長期以降に臭いが増していくことで気づくことが多いです。

 

第二次成長期は、
●男の子:9〜13歳くらい
●女の子:7〜12歳くらい

 

となりますので、やはり中学生になる頃からは要注意です。

 

小学生の頃には自覚しても気にしない

 

ワキガの方の多くは、小学生のときに自分で少しは気が付いていることが多いようです。

 

●自分の体臭が気になることがある
●何気なく友達から言われる
●お母さんなど家族が気が付く
そういうことで発覚するようです。

 

でも、未だ体も心も幼いので、治療したりといった大きな行動にはつながらないで過ぎていくことが多いようです。

 

困るのは、気が付く原因、経過です

 

●クラスの子の噂話になる
●隣席の子の臭いがひそひそ話になる
●部活で陰口になる

 

そんなことが原因でイジメに発展することもあるようです。

 

小学生の頃は、まだ気持ちが幼いのか、少し位臭っても言わないこともあるようです。

 

また、ハッキリと言われたとしてもあまり気にとめないことも多いようです。

 

これが、中学生になって大人の階段を一歩登った頃になると一気に他者への関心が高まっていく。

 

それで、自分でも、人からも気づく機会が増えることになります。

 

この頃から、女子生徒にとっては、人から嫌われて集団から外れることが最大の恐怖になってきます。

 

皆と同じもの、同じことをすることが大事になります。

 

なので、ワキガといった嫌われる原因を自分が持っていることへの心労は想像以上に重くなります。

 

そこで、本人が指摘を受ける前に家族で気づいてあげることが大事になります。

 

遺伝するのですから、親がしっかりとフォローしてあげられるかどうかがこの時期のポイントですね。

 

 

不安だけど、
誰にも、なかなか相談できない。


 

ワキガのチェックポイント

 

次のようなことに注意します。

 

 

□シャツの脇部分が黄ばんでいる

 

□自分で臭いがすると気づいている

 

□汗ばみ安い体質

 

□足裏の臭いがある

 

 

こんなことが無いか、確認することでわかります。

 

普段からコミュニケーションを取っておくことで、いち早く気づいてあげることができます。

 

 

さり気なくチェックして、
気づいてあげられればいいですね。


【子供ワキガ】伝え方

一番大事なのは、ご両親が心強い支援者になってあげていることと、治せることをしっかりとお話しできるかどうかです。

 

しっかりとお話しすることのメリット

 

事実をお話しすることでケアが上手く行くことも多いですよ。

 

●「自分のワキガのことを知ることで本人が納得してこれからの長期の治療やケア励むことができる」こと、
●「医療者や親との信頼関係が構築しやすくなることで、治療などに前向きになる」こと、
そんなメリットがあります。

 

もし、隠しておくと、
●「いつになったら治るのだろう、本当に治るのだろうか」という不安の助長、
●「隠しておければそれでいい、ツライことはしたくない」という逃避反応が起きる、
そんな心配があります。

 

また、自閉的になってしまうことにもつながりかねません。

 

ワキガは生命を脅かすような病気ではありませんから、
●しっかりとケアすることで解決できる
●手術などの完治療法も確立されている
そんな正しい情報を共有することで、治療、ケアがぐんと前に進めますよ!

 

ですから、ご両親がまず決意と勇気をもってください。

 

 

よし、
いっしょに頑張るわ!


 

子供は決められないを基本に

 

自主性を重きを置く教育がされているとはいえ、精神年齢も、経験もまだまだ少ないお子様には、難しい決定はできないことが多いです。

 

事実を伝えると必ず、これからどうすればいいの?という質問が返ってきます。
その時に、不安を与えないように、ちゃんと治るということをうまく伝えることが大事だと思います。

 

病気も含めて、子どもたちは、
●親に決めて欲しいと思うことが多い
●ご両親の意見を参考にして決めたい
そんふうに思うことが多いようです。

 

特に日本では、
●事実を隠そう、表に出さずに処理しよう
●人からどう思われるかという他者目線の狭い考え方
そんな風潮が今での根強く残っているようです。

 

イジメの原因もそんなところにもあるようですから、
●子供の自主性に過度に期待しない
●子供に重荷は負わせられない
ことをちゃんと理解したうえで、
●必ず良くなるもの
●普段のケアで気づかれずに過ごしていけるもの
だということを基本にして、しっかりとフォローするお約束をしてあげるのが一番かなと思っています。

 

 

不安な気持ちは隠すの、
どうしていいかもわからないし。


【子供ワキガ】手術

ワキガは最終的には手術という方法で治すことができます。

 

手術にもいろいろあって、痛みも少ないものも開発されています。

 

ワキガの原因は、脇や股間、耳の中などに多くあるアポクリン汗腺から出る汗です。

 

アクポリン汗腺から出る汗は、ベトベトした粘り気があり、たんぱく質・脂質などを多く含みます。

 

これが原因で黄色くなり、臭いもきつくなります。

 

衣服の黄バミの原因となる汗です。

 

アポクリン汗腺は、皮脂腺と毛穴につながっていて、汗が皮脂と混ざり合うことで雑菌が付着して、ワキガ特有の厳しい臭いになります。

 

このアクポリン腺をなくしてしまうのがワキガの手術になります。

 

手術には主に2種類あります。

 

レーザー手術

 

子供のワキガで最適な手術はレーザー照射手術です。

 

ワキガレーザー治療は、原因となっている汗腺であるアクポリン線をレーザー照射で破壊するものです。

 

このことで、発汗を少なくでき、臭いを減らすことができます。

 

 

デメリットもよく考えた上で、
時間のある時期をみて、
レーザー手術をするのがおすすめです。


 

レーザー手術のメリット、デメリット

 

【メリット】

 

@痛みが少ない

 

麻酔をしますが、手術中も、事後もほとんど痛みはありません。
少しの違和感だけです。

 

怖がらずに済むため、お子様には最適ということができます。

 

A直ぐにも臭いを少なくできる

 

完治までいかなくとも、数回の照射で臭いの大半をなくすことができます。
その後、じっくりとアクポリン腺を全滅させていきます。

 

すぐに臭いという一番の悩みが解決するので精神的も効果が大きいですね。

 

B再発が無い

 

レーザーでアクポリン腺を完全に破壊しつくすため、新たにアクポリン腺が再生されることがなく再発しません。

 

C傷跡が残らない

 

切らない、注射などもしないため、全く傷跡らしきものは残りません。
なので、女の子には最適です。
本人も前向きになれる手術方法ですね。

 

【デメリット】

 

一方、デメリットもあります。

 

@期間が長い

 

手術期間はトータルで長くて半年程度になります。

 

●最初に臭いを少なくするために数回程度照射します。
●この後、アクポリン腺を全て破壊する治療を続けます。

 

このため、@では2か月程度、Aで2〜4か月程度の期間を必要とします。

 

その間、定期的に通院が必要となりますから、何か大きなイベントを控えているときなどは時期を考える必要があります。

 

また、嫌な話ですが、通っていることが噂になることもあります。

 

イマドキの友達関係がどんなものなのかはわかりませんが、良いふうに思ってくれる人ばかりとは限りません。

 

知られないように隣町のお医者さんに行く人もいます。

 

その点では、期間が長いことは子供にとってのリスクということになります。

 

A費用が大きい

 

完治させるまでには数十万円の負担となります。
ハッキリとは言えませんが、30万円以上は最低でもかかる見込みを立てる必要があります。

 

切除する外科的手術

 

「剪(せん)除法(じょほう)」という手術があります。
これが、日本で行われている代表的な手術法です。

 

@脇のしわに沿って数cmほど切り、わきの皮膚の裏面にあるアポクリン腺をはさみで取り除きます。
A手術に要する時間は、片側で約40分です。

 

これで、アポクリン腺を取り除くことで、ワキガの臭いを手術前よりも改善することができます。

 

※赤十字病院による説明を簡易化

 

切除手術のメリット、デメリット

 

【メリット】

 

@1回の手術で全てが完了する

 

何度も長い間通院する必要があるレーザー照射に比べて時間的な負担が大幅に少ないです。

 

A手術費用は保険適用

 

この手術には保険が適用されるので、比較的安価に行うことができます。

 

【デメリット】

 

@入院が必要

 

1泊2日の入院が必要です。

 

A術後の処置が面倒

 

術後は1週間わきの下をガーゼで圧迫し、はがした皮膚がくっつくまで腕をあまり動かさないようにします。

 

傷口が治るまでには約2週間かかります。

 

B傷の(傷跡)のひきつりがある

 

切開手術ですから、傷跡は目立たないものの、傷跡がひきつったりという違和感は残り続けます。

 

(追記)

 

このほかにも、数種類の方法があるようですが、どれも一長一短のようです。

 

お子様の環境を一番に考慮して、より良い方法をご相談されるのが良いですね。

 

また、早いうちに手術しても、第二次成長期以降に、わずかに残ったアクポリン腺が発達したということもあるようです。

 

こんな難しいことはお子様にはなかなか決められませんよね。

 

ご両親が頑張るときですね!

 

【子供ワキガ】治療、対策

 

@まず、様子を見ながら臭いに集中したケアをする

 

⇒ 第二次成長期はワキガの元汗腺が発達するとき、手術後再発した例も。

 

A子供用のケア用品を使う

 

⇒ お子様にも使えると明記されているものを使うことで安心してケアできます。

 

Bソープなども消臭や香りのつくものを使う

 

⇒ 普段から全身対象に消臭を心がけて臭いを消していきましょう。

 

C計画を立てよう

 

⇒ 根治させる手術までのスケジュールを立てて、計画的に対策して行くことでお子様も未来が見えて安心できますよ。

 

手術で完治するワキガですが、いつ行うかは人それぞれです。

 

それまでの間はどうしたらいいの?ということですよね。

 

そんな悩みも今では解決できるケア用品がしっかりありますよ!

 

うちでも、大学生になるまではこれで対応しました。

 

その後、環境が落ち着いて、比較的時間的にも余裕ができてから施術しました。

 

中学校や高校生は精神的にはまだまだ未成熟です。

 

進学のための勉学もあります。

 

なかなか思い切って時間を割くことが難しいことも多いものです。

 

そんな時には、お子様も安心して使えるグッズで対策していくこともとてもおススメですよ!

 

 

誰にも知られずに、
自分で毎日できるなら、
すぐにでもやってみたい!
※だいたいのお子様はこういうふうに考えています。


 

ワキガ子供対策

 

グッズを選ぶ前に、ちょっと確認です!次のことを考えてみてください。

 

×市販のロールタイプの塗る消臭・デオドラント
⇒ ワキガは皮脂や汗、そしてそれをエサにしている雑菌が混じっています。ロールタイプではこれらが付着して不衛生です。

 

×汗拭きシートをこまめに使う
⇒ 肌を刺激、そして乾燥させてしまうことも、そうなると更に皮脂が分泌され臭います。

 

×とにかくスプレー式などでこまめに制汗する
⇒ これも、シートと同じように肌の乾燥が心配です。

 

×とにかく早々に手術してしまう
⇒ 手術には負担と時間がかかりますし、まだ成長期の汗腺は取り残しが発達する例もあります。

 

こういったことを考えると、専用ケア用品でまず消臭を徹底してお子様の心の負担をなくしてあげることが第一かなと思います。

 

その後、家族でしっかりと治療計画を進めるとお子様の負担が小さいと思います。

 

子供ワキガクリーム

 

子供用ワキガクリームは、ケアに最適です。

 

でも、まず、大事なことがあります。

 

@お子様にも使えるものであること
A市販品ではなく、専用品であること
それがとても大事です。

 

市販品はお安くて手に入りやすいですが、

●ほとんど効果は無い
●時間的に終日効果は望めない
●お子様に最適成分ばかりとは限らない

経験から、そんなことをお伝えしておきます。

 

市販品はお薬ではありません。
臭い消しというケア用品ですから、誰にでも合うようにそこそこなものです。

 

ワキガの臭いを完全に消してしまうほどの効果はありません。

 

どの製品を使っても結果は同じです。

 

お店で簡単に手に入るもので効果があるくらいなら、誰も悩んだりしません
ワキガで悩む人なんていないはずですよね。

 

ワキガが疑われるなら、専用のケア用品を選ぶことが大事です。

 

お値段は多少はしますが、
●すぐに手術できない
●なんとか普段のケアで過ごしたい
●ほかの人に知られたりせずにそっと毛したい
そんな思いならば、専用クリームなどもおすすめです。

 

私たちも、普段はそうしてケアを続けながらでした。

 

クリームがおすすめな理由

 

スプレー式や液体のものは、効果の持続に難点があります。

 

霧散してしまい、効果が長く続きません。
また、発汗しやすい部位ですから、汗とともに流れてしまいやすいこともあります。

 

ですから、1日に何度もケアする必要があります。

 

学校の短い休憩時間にこまめにケアするのはかなり難しいです。

 

一方でクリームなら、肌に馴染みやすく密着して長く高い効果が期待できます。

 

保湿成分が含まれているなど工夫されているものも多く、脇を乾燥から守って臭いの元となる余分な皮脂の分泌を抑える働きを持たせているものもあります。

 

普段のケアには、専用のクリームが最適ですよ。

 

また、最近では「お子様が使っても良いような成分」を吟味してあるクリームもたくさん出ています。

 

刺激性の強いものを避けて、自然で体に負担や刺激の無い成分で作られていて、お子様にも安心できるものがあります

 

【子供ワキガ】に使えるおすすめクリーム3選

 

デオシーク(クリーム&ボディソープ)

お子様のニオイ対策

↑公式サイトはこちら↑

・低刺激だからお子様にもおススメ!
・ワキだけでなく足、首、など全身に使える。
・厚生労働省が認可した医薬部外品!
 有効成分:パラフェノールスルホン酸亜鉛・イソプロピルメチルフェノール
・99.999%の殺菌力が24時間後も継続することが第三者機関で実証済み!
・永久返金保証付き

 

>> デオシーク子供用はこちら

 

ノアンデ

NOANDE【ノアンデ】

↑公式サイトはこちら↑

わきが対策専門ブランドNOANDE<ノアンデ

・お子様の悩みも解決(実例掲載有り)
・ 「わきが」「汗を抑える」2大有効成分と独自のトリプル製法でつくられた 新発想の「ワキガ」「汗を抑える・整える」「医薬部外品」
・オールインワンタイプのクリーム。
・わきがの原因菌を99.99%カット!
・一度塗れば、長持ち!

 

>> 子供用最適ワキガクリーム【ノアンデ】はこちら

 

ラポマイン

Lapomine

↑公式サイトはこちら↑

・お子様への仕様も大丈夫です。もう、悩まないで済みます。
・口コミが好評。使った方に圧倒的支持。
・【アットコスメ デオドラント部門 急上昇ランキング1位】、【デオドラント・制汗剤部門 クチコミランキング上位】
・わきがべたつかず、サラサラで無臭な消臭クリームです。

 

>> ワキガでお悩みのお子様へ!!【ラポマイン】はこちら

 

 

 

ワキガの普段の対策で最もおすすめできるのは専用のクリームによる日々のケアです。

 

市販品は万人に向けた一時的な解消グッズです。
正直、ほとんど効果はありません。

 

一時的に短い時間だけ人と会う、通勤時間の電車内を快適に過ごすなどが利用目的です。

 

>> デオシーク子供用はこちら

 

それに比べて、専用のケアグッズは、それなりのものが揃っています。

 

医薬部外品など、信頼できるものもあります。

 

専用品は使った方が良かったと思わなければ利益がありませんよね。
なので、きっちりと研究されて作られています。
信頼度が全然異なるのです。

 

>> 子供用最適ワキガクリーム【ノアンデ】はこちら

 

それを知ったのも辛い経験があったからです。

 

ここでは、どんな方にも積極的におススメできる信頼性のある専用品を取り上げてみました。

 

簡単に紹介していますので、気になった方は公式サイトでさらに詳しく見てくださいね。

 

今そこにある皆さんの悩みを解決した事例などありますよ!
私もそんな事例には随分と勇気づけられました。

 

>> ワキガでお悩みのお子様へ!!【ラポマイン】はこちら

 

ご紹介してある順番には特にこだわってはいませんが、お求めになった後の対応なども評価ポイントに入れています。
使った上で、自分たちなりに評価しておススメしていますので、ご安心くださいね。

 

【子供ワキガ】就職、結婚

人生のイベントでもとっても大切な就職や結婚、、、。

 

ここにもワキガに悩みはついて回ります。

 

就職とどんな関係があるの?

 

特に女の子の場合には、接客業などで気になることもあるようです。

 

●客室乗務員などは折り返しの勤務もあり、ケア時間も難しい、
●営業など外回りの場合には、汗も多く出るためケアが必須になる、
●美容関連の専門職などではお客様への影響がある、
●窓口業務(銀行など)でも周囲や対面する方への影響がある、

 

などなど、就職した後にも不安が残ります。

 

【スメハラ/時代は変わっている】

 

特に悪いことに「企業でのスメハラ問題」が盛んに言われるようになっています。

 

おおもとは、「壮年期男性社員の加齢臭」ですが、タバコの臭いなど広範囲にわたってハラスメントとなる時代です。

 

ワキガでハラスメントは人権問題という気もしますが、集団生活では「自己管理」が求められます。

 

「他者が不快に思う」ことがハラスメントですから、ワキガと知っていながら何もしないのでは通りません

 

結婚を悩む人も

 

ワキガは遺伝する確率がとっても高い

 

自分自身がワキガでツライ思いをした、いじめに合った、そんな体験から大切な人生のイベントにしり込みすることもあります。

 

彼氏がいるけど、ワキガが怖くてお付き合いが進まない。

 

結婚をして子供に遺伝することを考えるとワキガを告白しなくてはならず、苦痛でできない

 

そんなことが原因で、せっかくの機会を見送ってしまう人もいます。

 

、、、結局は、

 

「お子さんの見方になってあげられるのは最後はご両親だけ」です。

 

大人になってこんな思いをすることが無いように

 

ぜひ、ワキガに対しての知識や意識を深めて、成長期のお子さんをしっかりとフォローしてあげてくださいね。

 

【子供ワキガ】遺伝

ワキガは遺伝します。
遺伝し易いと理解しておくべきです。

 

ご両親のどちらかがワキガの場合には、お子さんもそうなることを予想しておいた方が無難です。

 

このことを知っておくことで、早く気づいてあげる、対処してあげることができます。

 

□両親のどちらかがワキガの場合 ⇒ 50%の確率で遺伝

 

□両親ともにワキガの場合     ⇒ 80%の確率で遺伝

 

という高い遺伝確率です。

 

実は、ご両親自身がワキガであることの自覚が無い場合もあります。

 

単に臭いがきつい体質だと思ったまま大人になっているのです。

 

このような場合には、遺伝しているというような理解がありませんし、受け入れられません。

 

発見が遅くなることもあります。

 

お子様に何かしらそれらしきことが見つかった場合には、ご両親自身も、「臭い」について再度確認する必要があります。

 

心当たりがあるなら、正式にお医者様に診てもらって判断していただくことをおすすめします。

 

あえてもう一度言いますが、高い確率で遺伝するのですから、突然お子様だけがというようなことは考えにくいのです。

 

スポーツを盛んにしているからと思うこともできますが、実は、激しく発汗するような運動をしていれば、全身からの汗で体内の老廃物が排出されます。

 

運動をあまりしない場合には、脇などの汗が多く出るところから老廃物が排出され、余計に臭うことになります。

 

ですからスポーツをしているから臭うのはもっと危険信号かもしれません。

 

自分たちの都合の良い考えで(人間は現状を変えたくないという意志が自動的に働く)、お子様の悩みを見過ごさないでくださいね。

 

Update Record